次の選挙までココでお勉強
選挙前.com(中立的サイト)
国民が知らない反日の実態(マスコミが隠してきた日本の真実を暴露するまとめサイト)
おすすめ番組
伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛
伊東四朗氏はほんとにまともな「日本のオヤジ」です。聞いていて元気になるラジオ。
CATEGORIES
ARCHIVES
アクセス
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

いい話・コピペ保管庫

ネットで拾った文章置き場。世の中暗い話題が多いので、元気が出る話、ほんわかする話を集めるのが目的。◆基本的に自分用メモ帳。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
世界5ヶ国対象 震災前後の海外における “ニッポンブランド”イメージ調査
━━━━━━━━━━━━━━
“ニッポンブランド”健在なり
━━━━━━━━━━━━━━


        平井 修一

博報堂コンサルティングは「世界5ヶ国対象 震災前後の海外における
“ニッポンブランド”イメージ調査」を実施した(2011年7月27日〜8月2
日)。調査対象は日本、中国、タイ、インド、アメリカの20〜69歳男女
各国200名×5カ国の計1000名で、インターネット調査である。

それによると「それぞれの国の商品・サービスのイメージとしてあては
まるものを全てお知らせください」(自国評価は除く)の設問で、全て
の項目において日本が1位となった。

特に高かったのは「品質」67%(2位ドイツ53%)、「技術力」62%(米
国50%)、「気が利いている」62%(米国34%)、「研究開発力」53%
(米国50%)、「信頼」52%(ドイツ46%)、「製造プロセス」52%
(ドイツ37%)、「品質検査・管理」51%(ドイツ40%)、「丁寧」50
%(ドイツ40%)など。

「日本の商品・サービスに対するあなたのイメージの中で、大震災以降
に弱くなったり低下したものがあれば全てお知らせください」の設問で
は「品質」「技術力」「信頼」「安全」といった総合的な機能イメージ
が挙げられたものの、“ニッポンブランド”は「震災後も他国のスコア
を圧倒するという、頑健性が高く、競争力も高いイメージ」(博報堂コ
ンサルティング)を獲得している。

産業界も自治体も国民も頑張っている。国家をリードすべき政治はブレ
まくって、国民の足を引っ張っている。国会議員を全員リコールして総
選挙ができないものだろうか。
| 海外 | - | - |
黄文雄『日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか』(徳間書店)
黄文雄『日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか』(徳間書店)

 日本を賞賛した外国人、夥しい数にのぼる。これらを一度にまとめあげた教典のような一冊。
 黄さんの動機は「東日本大震災」と、直後から発揮された、日本人の静粛な団結ぶりだった。これらをじっさいに目撃すれば嘗て同様の体験をし、その日本人の公共の精神と耐えることに感動し、うち震えて本国に報告した外国人が数百数千数万もいたことは容易に想像できる。
 唐山地震のおり、匪賊は被災者を襲い、強盗に早変わりして家財、現金を徹底的に盗み出した。救いを求める腕に時計があれば、その腕をちょんぎって腕時計をもぎ取る。被災者の救出?
そんなことをする中国人はいない。
 先進国アメリカでもロス暴動では強盗、掠奪、暴行が起きた。
 中国人が日本に初めてきて驚き、且つ呆れるのは日本中どこへ行っても設置されている自動販売機の夥しさ。たばこもお茶もコーヒーも売っている。しかも誰も自動販売機を壊して、なかの現金や商品を盗みだそうとはしない。
 日本って、どうして安全なのか! 中国人は不思議で仕方がない。
 そこで評者(宮崎)が最近も中国で目撃したことと比較してみよう。
済南の駅前商店街に自動販売機があった。新品なのに壊れていた。すぐに襲われたことは歴然としていた。
 ATMは人通りの少ない箇所には設置されておらず、また引き出し額は上限がある。それでも真っ昼間にATMからでたところを襲われる女性が頻出していてテレビニュースでは対策がないものか、とコメントが集中した。
 ことほど左様な社会だから鉄道切符は駅で並んで買う。となりの自動発券機コーナーはがらがらである。自動販売機、自動発券機になじんでいない証拠である。

寄り道が長くなった。
 本書はトインビーからフロイス、ペリー、シドウチらが日本の印象を語り、武士道をほめた履歴がならぶ。
 『魏志の倭人伝』にさえ、以下の表記がある。
 (日本の)「婦人淫せず、妬忌せず、盗窃せず、諍訴すくなし」
 このたぐいの賞賛の言葉が延々と一覧できる本書は、日本人の自尊心をくすぐる。
 アンドレ・マルローは武士道を賞賛し、晩年は伊勢神宮に参拝し五十鈴川で禊ぎを受けて「このバイブレーションは何だ」と叫んだ。三島由紀夫にあこがれ、切腹という名誉を重んじる儀式を賛美したことで知られるが、マルローの対局にいた左翼知識人のサルトルさえ、三島についてこういった。
 「ぼくは彼の手を握った。握ったあの手で彼が切腹したと思うと感慨が深い。切腹するには勇気がいる」(サルトルはボヴァワール夫人と来日したおり、三島と握手した)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)(有限会社)宮崎正弘事務所 2001−11 ◎転送自由。転載は出典明示。
| 海外 | - | - |
外国人の見た、幕末の日本
(読者の声1)日本人の震災への冷静な対応で、海外からは驚きや賞賛の声、幕末の欧米人による日本見聞記でも同様の記述が多いですね。
幕末の日本、地震・津波・大火・火山の噴火と災害のオンパレード。それでも日本人は略奪も泣き喚くこともなく、淡々と日常にもどっていくのが欧米人の目には驚きをもって書かれています。
日本人は変わったようで変わらない。
幕末の横浜、千人とも二千人ともいわれる英軍、フランス軍も400人ほど駐留。毎日、外国船の礼砲が鳴り響き、酔った船乗りたちと日本人とのいざこざも絶えない。開港当初は友好的だった日本人も、一年も経つと外国人の乱暴狼藉におびえ外国人を見ただけで家の戸を閉ざす。そして横浜に外国人相手の岩亀楼という遊郭を作るところなど昭和20年の東京と同様です。
幕府の官僚たちも優秀な通訳、若手が堂々と意見を具申するさまなど評価が高い反面、仕事のない役人は昼間から酒と女でだらしない。

欧米が輸出する武器も当初は中古品で暴利をむさぼっても日本人は目利きですぐに最新の物を求めてくると驚く。幕府の造船所が石川島播磨の元になるのですが、日本の職人は同じものを作ることに飽きたらず必ず工夫を加えるあたりに将来の産業国家を予見、対するシナは外国を軽蔑しているため発展の見込みがないとする。

イタリア人の書いたものでは欧州は普墺戦争のさなか、日本で欧州勢が敵味方になることを懸念しています。将軍への献上品はイタリア各都市の美術工芸品の数々、都市国家の連合体であるイタリアらしい。
清帝国に対しては朝貢と受け取られかねないと英国が一切の贈答品を拒否、欧州勢もそれに倣ったといいますから、日本は欧州と同等の外交が可能な国と認められていたようです。

ロシアに関しては欧州勢と打ち解けず居住地も別。欧州勢が交易を求めているのに対し、ロシアはウラジオストクの軍港や対馬のロシア軍艦による占領事件など領土が目的と見抜いています。

デンマーク人のフランス海軍士官の見聞記では8月15日がナポレオン誕生日で盛大なお祝い、ところがクリスマスは神父の説教だけでお祝いはなくがっかり。クリスマスが北欧の冬至の祭りの変化したものだというのがわかります。フランスの軍艦に幕府の役人を招いての歓迎はフレンチカンカン。呆気にとられる幕府の役人、踊り子が水兵の女装とネタを明かされ日仏とも大爆笑。英軍ではありえないと言っていますから当時のイギリス軍もお固い雰囲気だったのでしょうね。
日本では死んだ人間が神として祀られることについてもイタリア人はローマ帝国の皇帝も同様だったと納得、デンマーク人もカトリックの守護聖人と同様のものとしていますから欧州の宗教観も16世紀とは様変わりのようです。

スイス領事の見聞録には日本で出される食事について、晩餐会・通常の食事にかかわらず、どこの国の人にもカレーが人気だとあります。インドを植民地にしていたイギリスのカレー、江戸時代から既に日本に上陸、海軍カレーに引き継がれ、今や中国でも大人気。
歴史がどう動くのかほんとうに不思議ですね。
     (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)そのとき、歴史が動いた、ですか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)(有限会社)宮崎正弘事務所 2001−11 ◎転送自由。転載は出典明示。
| 海外 | - | - |
日本支援 バイオハザード5を日本で撮影
女優のミラ・ジョヴォヴィッチが震災支援のためにも、
映画『バイオハザード5』の「いくつかのシーンを東京で撮影する」と自身のツイッターで宣言した。

映画『バイオハザード』シリーズは、同名ゲームを基に実写映画化し世界的に大ヒットを記録している。
シリーズ第4弾の『バイオハザードIV アフターライフ』では、渋谷のスクランブル交差点がオープニングシーンに選ばれ、
同場面で歌手の中島美嘉がハリウッド映画デビューを果たしているなど、日本と縁(ゆかり)が深い作品だ。

親日家で知られるミラは、先ごろツイッターで
「東京、大好き! わたしのお気に入りの都市の1つよ。
 だから、バイオハザード5のいくつかのシーンを撮影するために東京に行くつもりなの」とつぶやいた。
また、
「(震災に見舞われた)日本のことを毎日祈っているわ」
「バイオハザードの撮影開始と、日本に行くことをとても楽しみにしているのよ」とも。

ハリウッド映画の多くが、震災の影響で撮影の延期や中止を表明する中で、
東京で撮影を敢行する英断をしてくれたミラ。
映画ファンは、このことを決して忘れないだろう。

なおミラの夫である、ポール・W・S・アンダーソン監督はプロデューサーとして名を連ねているが、
監督も兼務するかは現時点で明かされていない。
シリーズ最新作『バイオハザード5(原題) / Resident Evil 5』は、2012年9月14日に米国公開予定だ。

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0032319
---
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
¥ 1,980
(2010-12-22)

| 海外 | - | - |
九州新幹線「祝!九州縦断ウェーブ」CMを観た外国人の反応
http://japancool.sblo.jp/article/44622981.html



This is how they greet a new bullet train in Japan
日本ではこんな風に新たな新幹線を歓迎する
Peter Orosz

どう歓迎してるのかって?
線路沿い全域にヒーローのコスチュームを着た者などの人の壁を作り歓喜の雄叫びをあげるのさ。たとえ日本人の新幹線に対する愛情やJR西日本の企業ビデオだという事実を考慮しても、これは注目に値する素晴らしいショーだ。
| 海外 | - | - |