次の選挙までココでお勉強
選挙前.com(中立的サイト)
国民が知らない反日の実態(マスコミが隠してきた日本の真実を暴露するまとめサイト)
おすすめ番組
伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛
伊東四朗氏はほんとにまともな「日本のオヤジ」です。聞いていて元気になるラジオ。
CATEGORIES
ARCHIVES
アクセス
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

いい話・コピペ保管庫

ネットで拾った文章置き場。世の中暗い話題が多いので、元気が出る話、ほんわかする話を集めるのが目的。◆基本的に自分用メモ帳。
<< 普天間基地移転先の解決法 | main | 戸籍係OB >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
今も中川昭一さんに電話をかける
今も中川昭一さんに電話をかける
宋 文洲

友人中川昭一さんに私は今でも電話をかけます。もちろん留守電になっています。私は無言で留守番電話の案内を聞き、そして無言で電話を切る。それだけなのですが、もう何回かけたか忘れたくらいです。

昭一さんとの共著「どうした、日本」(ダイヤモンド社)を読んでくださった知人の多くから「マスコミから伝わるイメージと違う」、「意外と魅力的な人」との感想をいただきました。私にしてみればこれこそ意外でした。あれだけテレビや新聞に露出してきた方なのになぜこれほど誤解されるだろうかと。

ローマでの会見は昭一さんに大きなダメージをもたらしたに違いありません。
しかし、自尊心と名誉を命以上に大切にしてきた彼にとって最も辛いのは、その後綿々と続く侮辱的な世論でした。

日本はもっとベンチャー企業を育てないと産業の活性化がないと彼は真剣に思いました。私が開催した外国籍(7カ国)ベンチャー経営者の夕食会に彼は飛び込み、一人ひとりの経営者に質問して意見をメモしていました。もちろん、夕食の支払いは彼のポケットマネーでした。

中川さんのノートをみた時の衝撃は今も忘れられません。分厚いノートにメモをびっしり書き、資料も貼り付けていました。アンダーラインや色付けもあちらこちらにあり、まるで受験生のようです。

サブプライム問題が米国で爆発し、世界が金融恐慌にはまっていた時、中川さんは日本の金融政策を指揮していました。おそらく世界のトップレベルの金融知識を持つ大臣は彼だけだと思います。

恐慌の最中に財務と金融の2つの大臣を兼任していた彼ですが、ちょっとした油断で国に甚大な損害とパニックを引き起こす可能性がありました。巨大なプレッシャーと膨大な実務が彼の体を蝕みました。免疫力が低下した50代の昭一さんは風邪を引きやすくなり、持病の腰痛が悪化していくのです。

世の中の会社が納会を終えた2008年の年末に、私の携帯に昭一さんから電話が入りました。
「宋さん、ずっと神経を張り詰めていたから今晩くらいは仕事を離れてお酒を飲みたい」と。

私は共通の知人を誘って食事会に行きましたが、彼は腰の負担を減らすために店から座布団を3枚もらってそれに寄りかかりながら食事をしていました。

落選後の昭一さんともよく会いました。私はチャーチルやトウ小平の事例を挙げ、起伏のある政治家が歴史を変えると説得しました。
しかし、同席のほかの方々は、「あの時、結局飲んだのか」といつまでもローマの会見に興味津々でした。

風邪を抑えるために風邪薬を飲み、腰痛を抑えるためにまた鎮痛剤飲み、そのうえ、ランチのお付き合いのワイン。
後で医者から聞きましたが、知識があればこの3つの飲み合わせは絶対やってはいけないそうです。しかし、先入観と色眼鏡の塊の世論は同情するところか、徹底的に彼に追い討ちをかけました。

昔の日本世論は知りませんが、今の日本世論は本当に狭量だと思いました。人のミスと欠点は10倍に拡大してみますが、人の貢献と良さは10倍に縮小してみます。

石川氏が逮捕されるニュースをみた時、私は目頭が熱くなりました。昭一さんの欠点は過剰に名誉を重んじ、図々しさが足りないことです。そんなことを薄々感じたのでしょうか、彼は私との共著中で「私は強く死を意識している」と言いました。

日本がとても貴重な政治家を失ったことについては、中国人の私はコメントしようがありません。しかし、心から付き合った友人を失ったことについて私は未だに納得していません。

昨日もまた中川さんに電話をかけてしまいましたが、留守電でした。きっと、彼が私からの電話に気付き、いつものように「はい。中川です」と答えてくれています。ただ、この世には雑音があまりにも大きく、彼の声がその中に埋もれてしまいます。

P.S.テレビ局、テレビ会社

なぜか世間はテレビ会社に勤める人のことを「テレビ局に勤める人」と言います。不思議ですが、たぶん潜在意識のどこかにテレビ関係の仕事が特別だというものがあるのだと思います。

私は殆どのテレビ会社と何らかのお付き合いがあります。この業界はほかの業界とまったく同様で羨ましい面もあればかわいそうな面もあります。良い会社もあれば良くない会社もあります。頑張る人もいればただぶら下がる人もいます。

番組出演を通じて株式会社フジテレビジョンの安倍さんと知り合いました。気遣いの方なのにそれを感じさせず他人をリラックスさせる人です。何よりも情熱的な人です。

何かあるとマスコミのせいにする方が多いのですが、マスコミは我々の商売とまったく同じであり、商品である番組を支えているのは視聴者です。今回から安倍さんに私のメルマガへの寄稿をお願いしたのは、読者の皆さんにテレビ会社に勤めるビジネスマンの内面に触れてほしいからです。

安倍さんは報道局取材センター経済部の部長ですが、解説委員も兼ねています。

(終わり)

今回の論長論短へのご意見はこちらへ↓
https://krs.bz/softbrain/c?c=22&m=71347&v=457ce526

評価:
中川 昭一
講談社インターナショナル
---
(2008-09)

| 政治家 | - | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |