次の選挙までココでお勉強
選挙前.com(中立的サイト)
国民が知らない反日の実態(マスコミが隠してきた日本の真実を暴露するまとめサイト)
おすすめ番組
伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛
伊東四朗氏はほんとにまともな「日本のオヤジ」です。聞いていて元気になるラジオ。
CATEGORIES
ARCHIVES
アクセス
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

いい話・コピペ保管庫

ネットで拾った文章置き場。世の中暗い話題が多いので、元気が出る話、ほんわかする話を集めるのが目的。◆基本的に自分用メモ帳。
<< 沖縄県民20万人を救った二人の島守(しまもり) | main | ヒデヨシ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
日本を学ぼう(2010.8.20.fri-23.sun)
日本を学ぼう

全国学生青年合宿教室 8月20日(金)〜23日(月)
http://www.kokubunken.or.jp/camp/index.html

近年、わが国では、憲法、教育、外交、防衛など戦後先送りしてきた重要問題が、国民生活全般に様々な歪みをもたらすとともに、経済不況を反映し国民は閉塞感陥っています。

本合宿教育は、わが国の次代を担う学生青年諸君に、そうした諸問題の本質に迫る本当の学問の場を提供したいと考えています。

それは幕末の松下村塾などに息づいていた祖国と学問と人生を総合的に理解、感得していく学びの場であり、青年同士の真剣な語らいが豊かな心の交流を生む世界です。

必ずや貴重な経験になるものと信じています。是非、ご参加下さい。

■テーマ
    * 世界における日本のあり方を考える
    * 国の歴史と文化をより深く理解する
    * 短歌や古典を通じて豊かな感性を育む

■日程

    * 気鋭の講師陣による講義・講話
    * 古典輪読の指導
    * 短歌創作及び相互批評
    * レクリエーション(阿蘇草千里散策)
    * 班別による研修・懇談


■メイン講師 京都大学大学院教授 中西輝政氏 

【略歴】
1947年、大阪生まれ。
京都大学法学部卒業ののち、同大学院修士課程(国際政治学専攻)修了。
英国ケンブリッジ大学歴史学部大学院(国際関係史専攻)修了

【職歴】
京都大学法学部助手、ケンブリッジ大学客員研究員、三重大学人文学部教授、米国スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学国際関係学部教授などを経て、1995年4月より京都大学大学院人間環境学研究科教授。(京都大学総合人間学部教授を兼任)

【受賞】
1989年 佐伯賞
1990年 石橋湛山賞
1997年 毎日出版文化賞、山本七平賞
2003年 正論大賞

【主な著書】
『大英帝国衰亡史』PHP研究所(1997年)
『なぜ国家は衰退するのか』PHP研究所(1998年)
『憲法改正』中央公論新社(2000年共著)
『国民の文明史』扶桑社(2003年)
『帝国としての中国』東洋経済新報社(2004年)
『アメリカ外交の塊』集英社(2005年)
『日本人としてこれだけは知っておきたいこと』PHP研究所(2006年)
『本質を見抜く「考え方」』サンマーク出版(2007年)
『日本の「岐路」』文藝春秋(2008年)
『覇権の終焉』PHP研究所(2008年)
ほか多数

【論文】
“Japan's Grand Strategy”、Foreign Affairs
(Summer.1990)ほか多数。

『日本人として知っておきたい皇室のこと』PHP研究所
「日本人にとっての天皇」より
 日本人がいまほど、天皇という存在について、これまでになく深く考えることが求められている時代はないように思う。
 戦後60年を経て、憲法改正が日程に上り、いよいよ日本は「次の時代」を構築すべき時期に来ているからである。
 これまでの日本は、すべてが「暫定期間としての戦後」であった。戦後日本は焼け跡・闇市のなかで、すべてを「棚上げ」にしたまま、経済という唯一の目標にすべてを懸け、たしかに大きな繁栄を実現した。
 しかしすでに、その「すべて棚上げ」できた暫定期間は終わっており、新しい時代を築くために本来の価値観を確立する時期に来ている。
中西 輝政 日本会議
PHP研究所
¥ 1,575
(2008-11-26)

| イベント | - | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |